自宅でバストアップ

MENU

自宅でカンタンにできるバストケア

 

バストアップをするためには様々な方法があります。
手術をして胸を膨らませたり、エステに行ってお手入れをしてもらったり・・・。
美しいバストラインを作るためには、乳腺を刺激したり、バストの土台となる大胸筋を鍛えたりと、様々な努力が必要なのです。それには毎日の積み重ねが非常に重要となってきます。

 

反対を言えば、たとえお金をかねなくても、地道な努力をすることでバストアップできる可能性は十分にあるということです。

 

このページでは、自宅で気軽に実践できるバストアップのためのストレッチとエクササイズ、そしてマッサージの方法についてご紹介いたします。

 

ご家庭はもちろん、オフィスなどでも気軽に実践できるものも多いので是非お試し下さい。
激しい動きではないので、お風呂の中で体を温めながら行うのもオススメです。

 

芸能人が認めた!確実に胸が大きくなる?バストケア方法

エステに行くにはお金がない、でも自己流でやると効果が見えなくて続かなそう・・・
そんな人にオススメなのが、カリスマバストアップ師が伝授するバストアップDVD。

 

なんと、テレビの企画で男性お笑い芸人ピース又吉さんの胸まで大きくさせたという先生が指導してくれます。
毎日続けられる簡単なマッサージ方法なので続けやすいですし、プロが教えてくれてるのでキレイな形でバストアップできます。
多くの方が効果を実感している、実力派のDVDです。

>>自宅で簡単、速効バストアップDVD「バストあっぷるん」の詳細はこちら

肩回し

まずは体をほぐしながら、バストアップの要となる大胸筋を鍛えていきましょう。
肘を外に向け手の指先を肩の上に乗せます。
肘で大きく円を描くように、左右20回ずつまわしましょう。

 

背筋を伸ばし、胸をはって行いましょう。大胸筋を鍛え、胸や肩回りのストレッチにもなります。

 

祈りのポーズ

続いてバストのリフトアップを行っていきます。
胸の前で手のひらを合わせ、そのまま手を前に出して体から離し、息を吐きながら、手のひら同士を押し合います。
このまま10秒キープ。
手を合わせたまま頭上に高く持ち上げて肘を伸ばし、このまま10秒キープします。

 

腕立てふせ

バストアップのためには、バストの土台となる大胸筋を鍛えることが大切です。
しかし、鍛えすぎてしまうと胸全体が硬くなってしまうのでほどほどが一番です。

 

バストアップが目的であれば、多くても一日20回程度が良いでしょう。
いままで腕立てをしたことが無い方であれば、5回するのもやっとだと思います。
その場合は膝を付けて付加を軽くして行いましょう。
床につく手の幅は広いほうが胸の奥のほうの筋肉を鍛えられます。

 

辛いからといって手を狭くして行っていると、ただ腕が太くなった・・・なんてことにもなりかねませんので注意をしましょう。

 

ダンベル体操

続いて、ダンベルを使ったエクササイズです。最近は100円均一のお店にも売っていますし、
使う時だけ水を中に入れ、重さを調整できるようなものも売っています。
また、500mlのペットボトルを代用品として使うのもおすすめです。

 

エクササイズの方法ですが、ダンベルを両手に持ち、足を肩幅に開きます。
ひじを曲げ、ダンベルを持った手を顔の前で合わせます。ひじを曲げたまま、ゆっくりと左右に開きます。

 

この時に大胸筋に効いていることを意識して下さい。

腕を開けるところまで開いたら、ゆっくりと顔の前まで戻します。
この動作を20回程行います。背筋を伸ばし、開くときに息を吸い、閉じるときに息を吐くよう意識して下さい。

 

ただ行うだけではなく、どの筋肉に効いているかを意識することが効率的に筋肉をつけるコツです。試してみて下さい。