バストの歴史

MENU

お侍さんはバストに興味なし?

男性の女性のバストの憧れは昔から変わらず・・・と思いきや、どうやら江戸時代の人々にとって、女性のバストはセクシーなパーツではなかったようです。
衿をしっかりと閉じ、体のラインを隠した着物が民族衣装となっていることからもそれが分かります。

 

そもそも、人間が4足歩行をしていた時代は、最大のセクシーパーツはお尻でした。
発情期が来たメスはお尻が赤くなり、そのサインを見逃さずにオスはアピールを行っていたのです。

 

しかし、二足歩行へと進化が進むにつれ、メスの体が成熟した目安として乳房、バストがオスにとっての目印となったのです。

 

話は戻って江戸時代ですが、女性の体は美しいものとして鑑賞の対象であった西洋と違い、
日本は着物に包まれた上で現れるなまめかしいラインに美しさを感じる独特の文化が育ちました。

 

そのため、服を着ていない状態は単なる『裸』であり、そこに魅力は感じなかったようなのです。

 

公衆浴場で老若男女、子供から若い女性に若い男性、そしておじいさんおばあさんまで一緒に混浴し、三助と呼ばれる男衆に体を洗ってもらっていたことからも察することができます。

 

また、外から丸見えの場所で女性が上半身裸で髪を結ったり行水をしていたり、
中には来日した外国人見たさに風呂から裸で飛び出してきた・・・という手記も残っています。

 

この頃の人たちにとってバストは全く興味がないものどころか、着物を着るには寸胴体型のほうが好ましいため『邪魔なもの』と思われていたようです。

 

大きな胸がいいと思われ始めたのは最近のこと

しかし現代では、脚やヒップと並び、女性の魅力を表すパーツの一つであるバスト。
これは欧米文化の影響により一般化したものなのでしょう。

 

外国人女性のグラマーな姿が写ったグラビア。そして近年ではアダルトビデオ等の影響で男性は「女性の胸は大きいもの」というイメージを持つことが多いようです。

 

しかし、整形技術の発達により人工的に大きなバストを手に入れることも可能な今、不必要に大きなバストに抵抗感を感じる男性も多いようです。

 

ランジェリーショップの方にお聞きしたところ、数年前までは厚いパットを入れ、寄せて上げて大きく見せるブラジャーが流行りだったそうですが、
最近では自然に形を整え、体に負担をかけずに美しいラインを作るブラジャーへのニーズが高いそうです。

 

肩に力入れない自然派美人が流行りなのかもしれません。