ブラジャーでバストアップ

MENU

ブラジャーの正しいつけ方

できるだけ早く結果を出したい。即効でバストアップしたい。
そう思っている方は多くいらっしゃるかと思います。

 

しかし、残念なことにバストアップには長い時間が必要です。
根気よく、バストに良いことを続けることで徐々に徐々に結果が出てくるのです。

 

なかなか出ない結果にイライラしてしまうこともあると思います。
しかし、ストレスはバストアップを妨げるということも覚えておいて下さい。

 

体はストレスを感じることで、バストアップの鍵となる女性ホルモンの分泌をストップさせてしまうのです。
そのため、バストアップするためには理想のバストをイメージし、穏やかに毎日過ごすことが大切なのです。

 

しかし、例えば胸の大きく開いたドレスを着なくてはいけない等、「今、バストを大きく見せなければいけない」という時もあると思います。

 

そんな時に女性の強い味方となるのが胸を寄せて上げ、バストアップ効果のあるブラジャーです。

 

このページでは「小さいバストの方」「大きなバストの方」に分け、ブラジャーの付け方、選び方のテクニックをご紹介しましょう。

 

小さいバストの方

まずは小さいバストの方向けのテクニックです。
胸が小さい方の場合、胸に脂肪が少なく、寄せて上げるブラを付けても谷間が出来ない場合があります。
その場合は胸を底上げするためのパットが必要となります。
ふっくらとしたパッドが付いたブラジャーを選びましょう。

 

また、胸全体を包み込むようなパットよりも、レモン型や楕円形のパットで自分の胸を押し上げ、ブラジャーの上に自分の胸がある状態のほうが自然に見えます。

 

また、下から押し上げるだけでなく、横にもパットを入れて中央に胸を寄せることで谷間を作ることができます。

 

次に胸を大きく見せたい場合のテクニック。
大きくしたい場合はブラジャーの中がキツキツの状態よりも多少空間を作り、毎日ブラジャーの中にバスト周辺の脂肪をその中に納めることが大切です。

 

そうすることで次第に脂肪がバストへと移動し、結果バストアップに繋がります。

 

大きいバストの方

大きいバストの方の場合、とにかく自分合ったサイズのもの正しく使うことが大切です。

 

胸をはみ出させ谷間を作ろうと小さめのブラジャーを着ける方もいますが、不自然なラインとなり、全体的に見るとけして美しいラインとはいえません。
豊かなバストを美しく見せるためには、自身の胸にピッタリと合ったブラジャーが必要なのです。

 

バストサイズは次第に変化をします。
せめて年に一回はランジェリーショップでプロのスタッフの方に計測をしてもらい、正しいバストサイズを知るようにしましょう。

 

また、ブラジャーの寿命は一年程度です。
ワイヤーが曲がっていたりサイズが合っていないブラジャーを着けることはバストの形崩れの原因となります。
自分に合ったブラジャーを着けることで締め付け感や肩こりも軽減されることもあります。

 

また、大きいバストの方ほど形崩れがしやすいものです。

自宅でできるバストケアを参考に、是非お手入れをして美しいラインを目指してみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか?
窮屈に感じるブラジャーですが、バストアップの強い味方となります。
その場で美しく見せるだけでなく、毎日きちんと着けることで、美しい形をキープすることができます。是非心がけてみてください。